角右衛門(秋田/木村酒造)

情熱の酒・角右衛門】
江戸時代中期、伊丹で寒造りが確立されたころ、木村家三代目当主「角右衛門」は、藩の命を受け、その酒造技術習得のため、酒造りだけに心血を注いだ。
四十八歳という若さで亡くなるも、最期まで酒造りへの情熱を持ち続けた。
降、歴代の当主は「角右衛門」の情熱を消さぬよう、何度も銘醸地に赴き、技術を習得し、秋田・湯沢に適した酒造りを研究・開発してきた。
この先代の名を冠に、木村酒造は現在の技術・情熱を全て注ぎ込んだ少量生産の手造り酒を販売。 絶対数は少ないものの、木村酒造はこの酒と共に進化し続ける。

角右衛門 商品一覧

ページトップへ