三千盛(岐阜/蟷粟蘋后

甘口全盛の時代にも頑なに辛口にこだわった蔵元 辛口では売れない・・・そんな時代を生き残る為には、酒をもっと甘くするという選択肢もあった。
しかし、同蔵は、それをしませんでした。
辛口でも口当たりが柔らかく、飲みやすい酒を造る事を決めたのです。
そして、その努力の結果、出来上がったのがこの三千盛です。
三千盛を評する言葉の数々 或る評論家は「三千盛」を飲んで、 「辛口というよりも水口の酒だ」と評し また、或る人は 「霞みたいで仙人と飲む酒だ」と評した。
水の如く抵抗なく、いくらでも飲めて、しかも日本酒独特の旨さがあり、酔いざめのいい酒。これこそが三千盛なのです。
味が多すぎる 以前は「もっといい酒を造れ」とか「もっといい香りを出せ」と杜氏に注文を出していましたが、最近は「味が多すぎる」とか「もっと雑味をとれ」などと要求することが多くなったのも、余分な味を取り除いていくと、最後に日本酒独特の旨さだけが残るように思うからです。

三千盛 商品一覧

ページトップへ